New's World

世界のおもしろい、明るいニュースを中心に紹介していきます。

産卵のため集まった6万匹以上のウミガメをドローンで撮影

ドローンでアオウミガメを撮影

オーストラリア北東部にある世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフに生息するアオウミガメの数を計算する新しい方法を研究者が開発しました。

f:id:Florist87:20200710135909j:plain

Image:YouTube

f:id:Florist87:20200710135913j:plain

Image:YouTube

CNNによると、当初はカメの甲羅に毒性のない白いペンキを塗り、小型ボートから観察して個体数を数えようとしましたが、この方法では正確な集計ができないことが判明しました。

f:id:Florist87:20200710135917j:plain

Image:YouTube

そこで、ドローンを使って上空から撮影し、産卵のためにレイン島に上陸しようとするウミガメを撮影しました。

 

 

今回の調査により、アオウミガメは6万4000匹いると推定されました。

この新しい数は、今まで考えられていた数の1.73倍の数で絶滅の危機に瀕しているアオウミガメの数のより正確なデータを得ることができました。

f:id:Florist87:20200710135922j:plain

f:id:Florist87:20200710135926j:plain

Image:YouTube

 

テキスト

 

 

 

 

プライバシーポリシー・お問い合わせ