New's World

世界のおもしろい、明るいニュースを中心に紹介していきます。

なぜ欧米人はマスクが苦手? 答えは心理学にあり

コロナが広まり、マスクの重要性が叫ばれる中、欧米人もマスクを付けることが普通となってきました。しかし、流行前はなかなかマスクを着用しようとしませんでした。

私自身、アメリカ人の友達に何度もマスクを着用するよう勧めたことがあるのですが、「大丈夫だ。必要ない。」と返されるばかり。

なぜ欧米人はマスクを着けるのが嫌なのか。そして、日本人はマスク着用に抵抗がないのか。答えは心理学にあるようです。

f:id:Florist87:20200621191029j:plain

 

 なぜ欧米人はマスクが苦手なのか?

東京女子大教授の田中章浩教授が心理学から、その理由を説明しています。

教授によると「コミュニケーションで顔のどのパーツを重視するか」というのがポイントのようです。

顔文字

f:id:Florist87:20200621191034j:plain

 

メールなどで顔文字を使う時、欧米人と日本人はそれぞれ違う顔のパーツから感情を読み取っているのでようです。研究によると、日本人は目元米国人は口元で感情を読み取る傾向があるようです。ヨーロッパの人たちも口元を重視するようです。

確かに日本の顔文字は目が特徴的ですが、欧米の顔文字は口に変化がありますね。

 

日本は (^_^)  (;_;)  (*_*) など口が一直線でも感情が表せます。

一方欧米は :-)  :-(  :D  :-O など目は変わらず口が変化しています。

 

口元を重視する欧米人、目元を重視する日本人

顔の中で一番顕著に感情が表れるのは口元で、一番感情を偽りにくいのが目元だと言われています。

口元は1~2センチは動き、大きく変化しますが、目元は数ミリしか動きません。他方で、口元の筋肉は意思で動かせるため感情を偽れますが、目元を意思で動かすのは難しいです。

引用元 apital

 

感情を表に出す欧米人は、相手の気持ちを理解するために口元を重視します。一方、感情をあまり表に出さない日本人にとっては、感情が偽れない目を見る方が気持ちが伝わるのでしょう。

確かに、ことわざでも「目は口ほどに物を言う」(言葉に出さずとも、目で相手に伝えることができる。 言葉でうまくごまかしても、目に本心が表れる。という意味)という表現があるくらい昔から目が重要視されていることが分かります。

 

これをマスク着用に当てはめてみると、日本人はマスクを着けても目が見えるので問題にはなりませんが、欧米人にとっては、いつも見ている部分が見えなくなり相手の感情が読みにくくなります。意識的にせよ無意識にせよ不気味に感じるのでしょう。

逆に、日本人はサングラスをすると、相手の気持ちが伝わりにくくなるのかもしれません。

 

マスク苦手な欧米、心理学に答えあり 日本人との違いは [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 

何はともあれ、マスクを気にしなくていい世界に早く戻ってほしいね

 

 

 

プライバシーポリシー・お問い合わせ