New's World

世界のおもしろい、明るいニュースを中心に紹介していきます。

正しい日焼け止めを選ぶための8つのルール

日焼け止めに関する疑問あれこれ

太陽が照り輝く夏、気持ちのいい天気が続きますがお肌にとっては天敵となります。

日焼け止めのSPFって本当に重要?オーガニックの方がいいんじゃない?日焼け止めには発がん性物質が含まれてるの?日焼け止めはつけない方がいい?

こういった質問に、アメリカの宇宙学者であるサブリナ・スティエルヴァルト氏が解説しています。

f:id:Florist87:20200711120815j:plain

Image:pixabay

 正しい日焼け止めを選ぶための8つのルール

1、日焼け止めを使う目的を理解する

f:id:Florist87:20200711120920j:plain

Image:pixabay

雲は一部の紫外線が地表に到達するのを防いでいます。でも、太陽が放出するすべての紫外線を遮ることはできません。ですので、自分で自身を保護する必要があります。

紫外線にはUVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の2種類あります。UVA光線はしわやシミなどの原因になり、UVB光線は日焼けの原因となります。どちらも皮膚がんを引き起こすことが知られています。

日焼け止めが持つ効果はUVAからの保護(PA)UVBからの保護(SPF)で表されます。日焼け止めを選ぶ際、用途を考えてそれぞれの数値を選択することが重要です。

 

2、SPF 30以上の日焼け止めを使用する

f:id:Florist87:20200711120925j:plain

Image:pixabay

SPFとはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、主にUVBの防止効果を表す目安の数値です。

SPFに関して、日焼け止めが太陽の光の下で肌を保護するのに何時間もつかの基準だと誤解されがちですが、そうではありません。

2011年、アメリカ食品医薬品局によると、SPF15は93.3%のUVBを防ぎ、SPF30は96.7%のUVBを防ぎます。SPF50は、98%のUVBを防ぎます。

この数字から、SPF30をSPF50にするとより肌を保護できますが、わずか数パーセントの差であることが分かります。

こだわらないのであれば、日焼け止めの価格からSPF30かSPF50にするか選ぶことができるでしょう。

 

3、日焼け止めの成分に関して

f:id:Florist87:20200711120930j:plain

Image:pixabay

いろいろな団体や組織が日焼け止めに含まれる危険物質についてランキングにして取り上げていますが、(例として Environmental Working Groupが取り上げられていました)スティエルヴァルト氏はそれらに関して否定的でした。そして、(通常は微量な)成分に関するリスクと代替案とのバランスをとっていませんと述べています。つまり、日焼け止めをまったく使用しないことによる皮膚がんの発症リスクです。

しかし、スプレー日焼け止めについては注意しています。スプレーは吸入すると問題が生じる可能性があるため、子供には使用しないでください。(動きまわる子供にローションを塗るより、スプレーの方が簡単なので残念ですが・・・)大人も、顔にスプレーを使用しないでください。

 

4、日焼け止めの無機系・有機系

有機系は通常、紫外線を吸収して熱に変換し、無機系は紫外線を反射します。無機系の日焼け止めは肌への刺激が少ないです。ほとんどの日焼け止めは、紫外線をブロックするために有機と無機の両方を使用しています。

 

5、日焼け止めを購入するだけでは不十分

あたりまえのことですが、日焼け止めは正しく塗って初めて効果を発揮します。

スティエルヴァルト氏は「個人的には、油分の少ないものをおすすめします。顔や体へのつけ心地が良く、塗りやすいから。」と語っています。

医師によると外出する15分前に日焼け止めを塗り、その後2時間おきに日焼け止めを塗ることを推奨しています。

 

6、耐水性のある日焼け止めを選ぶ

f:id:Florist87:20200711120934j:plain

Image:pixabay

ウォータープルーフ」など耐水性のある日焼け止めは、通常、40〜80分間の水泳または大量の汗に対する紫外線から耐えられます。

水は砂浜や雪と同じく日光を反射し紫外線量が増えるので注意が必要です。

 

7、期限切れの日焼け止めを使用しない

日焼け止めは通常3年間は使えるので、去年の夏に残った日焼け止めを使用することはできます。ですが、あまりにも長い間引き出しにしまってあった日焼け止めは処分したほうがいいでしょう。

 

8、日焼け止めだけに頼らない

f:id:Florist87:20200711120939j:plain

Image:pixabay

スティエルヴァルト氏は日焼け止めに頼りすぎないようにと指摘しています。可能なら、太陽への露出を制限してください。日陰を見つけるか、日光が最もピークになる時間帯のビーチを避けることができます。

 

 

これからの季節ちゃんと対策しておかないといけないね

 

おすすめ日焼け止め
顔にも体にも使えます。

 

ピンクとブルーのカラーで色白な素肌に見せられます。 

 

 絶対に焼きたくない人、外でスポーツをしている人が選ぶ日焼け止めです。

 

 摩擦やこすれに強く、顔にも体にも塗ってもオッケーです。

プライバシーポリシー・お問い合わせ