New's World

世界のおもしろい、明るいニュースを中心に紹介していきます。

ディズニーアニメ「ふしぎの国のアリス」の舞台裏

実写で演じられたアニメーション

日本では1953年に公開された「ふしぎの国のアリス」は、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」を原作とするウォルト・ディズニー・プロダクション製作の長編アニメーション映画です。

この映画はアニメーションですが、実は実写で演じられた映像を参考にして制作されていたのです。

f:id:Florist87:20200715143722j:plain

Image:designyoutrust

スポンサーリンク

 

 アリスの声を担当した俳優が実写モデルとしても演じる

「ふしぎの国のアリス」のアリスと「ピーターパン」のウェンディの声を担当した俳優のキャサリン・ボーモント(Kathryn Beaumont)はアニメーターの参考資料のためにモデルも務めました。
これらの写真は、実写の演技をどのようにアニメーションに組み込んでいったかがよく分かります。

 

f:id:Florist87:20200715143725j:plain

f:id:Florist87:20200715143730j:plain

f:id:Florist87:20200715143735j:plain

Image:designyoutrust

 

ウォルト・ディズニーがアリスの声優にボーモントを選んだのは、彼女がまだ10歳の時です。ウォルト・ディズニーは彼女の姿に感銘を受け、アリスのモデルに彼女を選びました。

 

f:id:Florist87:20200715143739j:plain

f:id:Florist87:20200715143742j:plain

f:id:Florist87:20200715143747j:plain

Image:designyoutrust

スポンサーリンク

 

 

ボーモントは1998年に、ウォルト・ディズニー・カンパニーから「ディズニー・レジェンド」(ウォルト・ディズニー・カンパニーに対して著しい功績のある者を讃えるために創設した賞)に選ばれました。

 

f:id:Florist87:20200715143750j:plain

f:id:Florist87:20200715143755j:plain

f:id:Florist87:20200715143758j:plain

Image:designyoutrust

 

 

designyoutrust

 

ディズニーアニメの生き生きとした描写は、実際の演技によっても支えられているんだね

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー・お問い合わせ