New's World

世界のおもしろい、明るいニュースを中心に紹介していきます。

フォト

バルセロナの息をのむような素晴らしい空中写真

バルセロナの街の対称性が明らかに ハンガリーの首都ブダペストを拠点に活動する写真家マートン(Marton Mogyorosy)さんは、「上から見たバルセロナ」という魅力的なフォトシリーズを制作しました。 この写真がユニークなのは、そのアングルです。空中から…

巨大な緑のプランター 「緊急性の減少」を訴える

「緊急性のスローダウン」 COVID-19のパンデミックにより、飛行機での大移動、また車やバイクでどこか近くに出かけるということが極端に減りました。意図せずですが、人の活動が減ることにより大気や水質が改善されたというニュースもあります。 フランスに…

ロシアの学生の日常風景

ロシアの女学生の日常 ロシア、サンクトペテルブルク出身の写真家ヤロスラフ・ブラビン(Yaroslav Bulavin)さんは、ミュージックビデオやビデオ、写真を撮影しています。 2018年、ヤロスラフさんはサンクトペテルブルクとモスクワの共同アパートやホステル…

1939年に登場したスケルトンの自動車

スケルトンな自動車が万国博覧会で展示される 1939年に開催されたニューヨーク万国博覧会で、ゼネラルモーターズが展示したポンティアック デラックス シックスのプレキシガラス(通常のガラスでなく、樹脂を使用したガラス)製の車が注目されました。

専用はしごで散策し放題 ネコにとって自由な国スイス

ネコのための専用はしごがある国 ドイツの写真家ブリジット・シュスターさんはスイスの首都ベルンに引っ越してきて、ネコ専用のはしごがいろいろな場所に掛けられているのに驚いたようです。そして、ネコのためのはしごの写真を撮り始めました。 paula guerr…

開園当初のディズニーランド 貴重な写真集

長らく休園していた東京ディズニーランドが7月から再開しますね。再開初日はどうなるのでしょうか?ディズニーランドの事ですから大きな混乱もなく、楽しめることと思います。 ところで1955年にオープンしたアメリカの元祖ディズニーランドのオープン初日は…

北アイルランドの19世紀のコテージ探索 タイタニック号沈没を報じる新聞も

19世紀に建てられたコテージの廃墟 廃墟って薄気味悪く、怖く感じると同時に、どこか美しく儚く見える不思議な魅力がありますね。 写真家のレベッカも廃墟に魅了された一人です。彼女は、北アイルランドにある19世紀に建てられたコテージを撮影したところ、…

SF映画に登場しそうな1939年の幻の自動車

SF映画の様なデューセンバーグの最後の自動車 1910年代から存在したアメリカの高級車メーカー、デューセンバーグ(Duesenberg )は、1937年に生産を終了しました。しかし、1937年から1940年の間に、最後の1台の自動車を仕上げました。 オーダーメイドのイン…

イギリス、フォース橋の建設写真から見る19世紀の技術力

今では世界遺産に指定されている、イギリスのフォース橋は1882年に建設が始まり1890年に開通しました。100年以上経った今でも現役で使用されている橋です。 橋が建設された時は、世界で最も長いカンチレバー橋になりました。 建設時の様子を当時の写真ととも…

世界の窓辺から ~ ベルギー ~

窓から想像する物語 微笑ませたり、立ち止まって考えさせたり・・・。 フラミンゴの置物、埃をかぶったエジプトの胸像、派手な色使いの地球儀などなど... まるで宝物のように窓ガラスの向こうに飾られていて、物語や、住人の生活を想像させてくれます。

プライバシーポリシー・お問い合わせ